テスラ プラグインカー

新型テスラ モデル3 ワールドプレミア 〜FaceLiftでイメージ一新〜

 

ル・ボラン(LE VOLANT) 2023年10月号 Vol.559 【電子版限定特典付き】 [雑誌]

ル・ボラン(LE VOLANT) 2023年10月号 Vol.559 【電子版限定特典付き】 [雑誌]

ル・ボラン編集部
1,200円(03/02 14:52時点)
発売日: 2023/08/25
Amazonの情報を掲載しています
ENGINE 2023年9・10月合併号 [雑誌]

ENGINE 2023年9・10月合併号 [雑誌]

ENGINE編集部
1,265円(03/02 14:52時点)
発売日: 2023/07/26
Amazonの情報を掲載しています

 

世の電動化の流れの中、そのトップランナーはテスラ。

まさかあのテスラが・・みたいな状況で、如何に電気自動車シフトが既存自動車メーカーにとって難しいかを感じさせますよね。

そのテスラで世界的にヒットしているのがモデル3。

続いて出たモデルYがSUVタイプということもあり、現在ではモデルYが多いわけですが、この流れを牽引したのはモデル3で間違いないでしょう。

 

そのモデル3がモデルチェンジ・・といいますか、フェイスリフトを受けました。

その姿がこれ。

より空力がよいであろうバンパーフェイスに無機質感が高まったヘッドライトが特徴的ですよね。

 

後ろ姿は・・

テールレンズの意匠が変更。そしてテスラロゴがリアトランク部分に。

 

よりシュッとした感じになっていますよね。

 

6年経過したのちのFLなので長寿モデルになりそうですが、それだけボディは要求に答えられているということなんでしょう。

 

ちなみに長さは少し長く、高さも低くなっている模様。

 

そして今回のポイントは走行可能距離のアップ。

 

10%ほど改善され、ロングレンジモデルでは629km(WLTP)となるみたいです。

 

そしてインテリアはよりラウンジさを増しているとのこと。

 

いやぁ、いいですよね。

でも幅が・・

 

 

相変わらずのアメ車サイズなので1900mm以下マストな私には購入対象にならず。

そういう点が悩ましいですよね。テスラは。

 

はやくモデル2を出してもらいたいように思いますが、FLされたこのモデル3もすごく売れそうです。

 

 

 

本日はここまで。

 

 

 

 

 

 

アメブロも書いてます。

https://ameblo.jp/atimot-e/

 

そしてアメブロの内容はこちらに移行します。

https://www.oubeikibun.com/

で、DIYがメインのサイトや・・

https://www.abeo-koubou.com/

 

わんこのサイトもあります。

https://www.shihtzufan.com

 

noteも書いてます。

https://note.com/abeo_koubou

サイバーリンク PowerDVD

afinger6.jpgVAIO STORE

Follow me!

-テスラ, プラグインカー
-, , , ,

PAGE TOP