普段の日々

麻布台ヒルズの駐車場システムがなんだか画期的すぎて

ジャパンモビリティショー2023完全ガイド&東京モーターショーアーカイブ1954-2019 (CARTOP MOOK)

ジャパンモビリティショー2023完全ガイド&東京モーターショーアーカイブ1954-2019 (CARTOP MOOK)

交通タイムス社
780円(03/02 14:37時点)
発売日: 2023/10/26
Amazonの情報を掲載しています
ENGINE 2023年 12 月号 [雑誌]

ENGINE 2023年 12 月号 [雑誌]

1,400円(03/02 18:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
ル・ボラン(LE VOLANT) 2023年12月号 Vol.561 【電子版限定特典付き】 [雑誌]

ル・ボラン(LE VOLANT) 2023年12月号 Vol.561 【電子版限定特典付き】 [雑誌]

ル・ボラン編集部
1,400円(03/02 14:37時点)
発売日: 2023/10/26
Amazonの情報を掲載しています

 

さて、世はもうブラックフライデーとクリスマスで大騒ぎですよ。

六本木ヒルズ界隈もわちゃわちゃ。

そして先日麻布台ヒルズもオープンとなりました。

 

 

というわけで、ちょっと見に行きました。

まだ半数近く(テキトー)がオープンしていないので全体的なイメージがつかないわけですが、

どっちにしても35年がかりでここを作り上げたというのはやっぱシンプルに森ビルすげぇ・・としか言いようがなく。

 

そんな麻布台ヒルズで興味深いのが駐車場のチケットレスサービス。

 

ヒルズカードを持っている場合、対象施設の駐車場が規定時間無料になるという特典がありますよね?

六本木ヒルズは2時間無料なので非常に使いやすいんですが、それ以外の場所は1時間がほとんど。

麻布台ヒルズも1時間です。

そしてその特典の使い方はアプリに移行し、現在では精算機にアプリに表示されるQRを読み込ませると駐車サービスが受けることができます。

 

それだけでも便利なんですが、麻布台ヒルズはさらに一つ上のシステムとなりました。

 

それがチケットレスサービスでヒルズアプリに車両情報を登録、そして支払いカード情報を設定することで、

駐車券なしで駐車場に入場、そして出庫できるわけで。

 

そしてその料金もアプリにリアルタイムで表示されるわけで。

 

まさにスマホ時代なシステムです。

 

 

それを試すために出向きました。

 

 

あらかじめスマホにその情報を設定し駐車場のゲートにいくと・・

 

駐車券を取らずともバーがスコーンと上がります。

そして出る際も同様。

ナンバーを読んだらスッと開くわけで。

 

麻布台ヒルズは平面駐車場のみとなり、六本木ヒルズと比べてそこまで来場を見込んでいないように見えますが、

これがあるだけで利用しやすい感が強くなり、来やすくなるように思いました。

 

つまり、麻布台ヒルズに停めて吉野家にいけるということです(笑

まぁ、オランダヒルズに駐車する手もあるんですが、自走で人を介さないで停めれるというのは画期的ですよね。

 

そんな感じですが、麻布台ヒルズにはBMWのブランドストアができる予定です。

 

来年夏頃となりますが、メルセデスmeのようなものになるんでしょうね。

 

それはそれで楽しみに思うわけですが、こういうところが増えると色々楽しくなっていきそうです。

 

 

そんなわけで、本日はここまで。

 

 

 

 

 

アメブロも書いてます。

https://ameblo.jp/atimot-e/

 

そしてアメブロの内容はこちらに移行します。

https://www.oubeikibun.com/

で、DIYがメインのサイトや・・

https://www.abeo-koubou.com/

 

わんこのサイトもあります。

https://www.shihtzufan.com

 

noteも書いてます。

https://note.com/abeo_koubou

サイバーリンク PowerDVD

afinger6.jpgVAIO STORENIKW

Follow me!

-普段の日々
-, ,

PAGE TOP