普段の日々

災害時に自動車をどう役立てるか? 〜新年ですが挨拶は割愛します〜

ENGINE 2024年2・3月合併号 [雑誌]

ENGINE 2024年2・3月合併号 [雑誌]

ENGINE編集部
1,265円(03/03 03:23時点)
発売日: 2023/12/26
Amazonの情報を掲載しています
ル・ボラン(LE VOLANT) 2024年2月号 Vol.563 【電子版限定特典付き】 [雑誌] ル・ボラン (LE VOLANT)

ル・ボラン(LE VOLANT) 2024年2月号 Vol.563 【電子版限定特典付き】 [雑誌] ル・ボラン (LE VOLANT)

ル・ボラン編集部
1,400円(03/02 12:26時点)
発売日: 2023/12/26
Amazonの情報を掲載しています

 

みなさま、2024年となりましたが、そんな元旦に大規模災害が起きてしまいましたね。

なので挨拶は割愛させていただきます m(_ _)m

 

わたくし、元関西人ですので阪神淡路大震災を経験しているんですが、あれは早朝5時46分に発生。そしてその日は1月17日でした。

当時、わたしは大阪の北寄りに住んでおり就寝中。でも地鳴りで目が覚め、次の瞬間には家が崩壊するかも?・・と思うくらいゆすられました。

幸いにも被害は無く、その後仕事に行こうとしたんです。

当時は携帯電話が普及するかしないかくらいの時期で、もちろんインターネットも普及それなり。

そしてナビもほぼない時代でしたので情報なんてなく、ただただ混む道を進んだんです。

当時は神戸まで出勤していたので割と道のりは長かったんですが、職場に電話を途中でするもつながらず。

そして門戸厄神の陸橋が落ちているのがわかった段階で連絡がついて来なくていいと言われたんですよね。

 

職場界隈はモロに影響があったりするんですが、少し時間が違ってたら倒れた高速の下になっていたかも?しれません。

職場再開までに期間は被災地に住んでいた同僚などに差し入れ入れたりしてました。

 

で、その後関東在住に。

そして東日本大震災に遭うわけで。

住まいは現在の戸建て。

阪神淡路・姉歯以降の建売なんですが、構造から耐震があきらかにあるその建屋はびくともせず、現在もその影響を感じないわけですが、

その震災にあったタイミングは丁度奥さまを迎えにいくタイミングだったわけで。

車でむかう道中にゆすられて、その大きさ・時間で阪神淡路を思い出し、これは大ごとになる・・と思いつつ車を進めてたら、

道路横の建屋が埃を立てながら歪んだのをみたりも。

 

それ以降も余震は大きいのが続いたわけですが、わたしは東北も担当していましたので被災地にもいってました。

で、1年後にそれがおきました。

出張中の商談時に大きい余震と津波警報。

何もなく済みましたが、ほんと焦りましたね。

理由はシンプル。地元の人じゃないから。

 

新幹線も運転見合わせになり、駅は大混雑。

運転再開もありえましたが予定は未定でしたのでホテルをどうにか確保。

で、余震に揺すられながら一泊して、無事に運行再開になった新幹線で帰京したんでしたっけ。

 

その後はその自由度を高めたいので、営業車で行くようになりました。

 

この点が今回のテーマにつながるんですよ。

 

どういうことか?

災害時に自動車というのは非常にできることが多いツールになるんですよね。

 

冷房暖房、そして移動。

充電もできて食事もできて、

いろんなものを積んでおけます。

 

その当時のスペシャルマシンはこちら。

 

でもその対策ってのは本当に意識して用意していないとできないもんです。

 

ということで、「もし災害にあったら、どうするか?」をシミュレーションしておくことはとても大事です。

 

燃料の補給についても同様ですが、そういうのを考えて動くかどうかでその際のアクションは変わりますよね。

 

で、自動車に乗るときにあればいいもの。

 

・スマホやパソコンを充電するなにがし

・常に水分

・大判のタオルを複数枚

・おかし

 

そういうのを常備しておけば、何かと粘れる材料になりますよね。

 

基本的にそういうケースというのは何処かにでかけている際なので、この目的は「帰宅するまでどうにかする」・・がテーマとなります。

自宅での対応は備蓄とかになりますからね。

 

 

なので、どう生かすか?・・はその人の環境次第と言えますが、少なくともそれらを用意しておけば・・

スマホの電源問題、そして繋ぎの食糧などを得るまでの時間稼ぎ。

そして防寒やスリップ時の対策・・などができたりするわけで。

 

 

つまり、単に乗る・・だけでなく、そういう場面に遭遇した時にどうするか?・・を考えることが大事ということですね。

ぶっちゃけ、起きてからでは遅いと言えるわけですが。

 

 

 

そんな感じですが、今回の地震はその大震災を上回る規模とも言われています。

現地の方々はしばらくは大変な状況が続くと思いますが、どうか挫けずご無事にお過ごしくださいませ。

 

 

 

NEW MINI STYLE MAGAZINE 2023年3月号 Vol.76

NEW MINI STYLE MAGAZINE 2023年3月号 Vol.76

マガジンボックス
600円(03/03 05:56時点)
発売日: 2023/03/13
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

 

 

アメブロも書いてます。

https://ameblo.jp/atimot-e/

 

そしてアメブロの内容はこちらに移行します。

https://www.oubeikibun.com/

で、DIYがメインのサイトや・・

https://www.abeo-koubou.com/

 

わんこのサイトもあります。

https://www.shihtzufan.com

 

noteも書いてます。

https://note.com/abeo_koubou

サイバーリンク PowerDVD

afinger6.jpgVAIO STORENIKW

Follow me!

-普段の日々
-, , ,

PAGE TOP