プラグインカー 海外自動車メーカーその他

次期プジョー3008、新たなi-Cockpitインテリアを導入 〜これはグッドデザイン〜

ENGINE 2023年 07 月号 [雑誌]

ENGINE 2023年 07 月号 [雑誌]

900円(03/02 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
ル・ボラン 2023年7月号

ル・ボラン 2023年7月号

1,200円(03/02 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
GENROQ - ゲンロク - 2023年 7月号 No.449

GENROQ - ゲンロク - 2023年 7月号 No.449

600円(03/02 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

さて、世はどんどん進んでいくわけで新たなデバイスも出たり、そして新たなデザインが出てきたりもするわけで。

 

そんな中、プジョーが新型3008のインテリアを公開しました。

この新型3008は9月に発表予定となっていますが、コンパクトクロスオーバーとなります。

 

そのインテリアがこれ。

 

基本的なレイアウトは変わっていないのに曲面スクリーン採用によりスッキリ感が増したこのインテリアは別物です。

 

なお現行は・・

インパネが何気に遠く、見にくい印象。インフォティシステムも平凡かつ遠く、そしてボタンやシフト類もアナログ感がありました。

 

それが新型ではシームレス化され、人に対し優しい印象を感じます。

 

プジョーのこれらはどこか癖が強い感が今までもあったんですが、今回のデザインは万人受けしそうに思います。

 

 

問題は外装ですが(笑

割と個性的ですからね。

 

ちなみに輸入車は基本的に同一プラットフォームであれば尚更ですが、インテリアのデザインは他のモデルでも共通化されていきます。

それは乗り換えても違和感なく操作できるように・・というコンセプトがあるからですが、その点が国産車との違いですよね。

 

で、このインテリアもプジョーの5008などにも展開されていくということに。

 

もちろんステランティスの他の車種でも基本構成は活用されるので、イメージが変わっていくように感じます。

 

 

話を戻してこの3008ではBEVのe-3008がありますが、新たなSTLAアーキテクチャで構成されるとのこと。

性能・機能面で大幅に変化しているらしく、またブランド初のデュアルモーターAWDもあるんだとか。

 

そして最大のバッテリーを積んだモデルは約730km走行可能らしい。

 

電気自動車、どんどん進化していきますね。

 

というわけで、ステランティスの新たなBEVシリーズは相当良くなりそうに思えます。

 

 

本日はここまで

 

ニューモデル速報 インポート Vol.79 プジョーのすべて

ニューモデル速報 インポート Vol.79 プジョーのすべて

三栄
1,000円(03/02 22:41時点)
発売日: 2021/06/22
Amazonの情報を掲載しています


 

カラー徹底図解 クルマのメカニズム大全

カラー徹底図解 クルマのメカニズム大全

青山 元男
1,980円(03/02 15:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

環境覇権 欧州発、激化するパワーゲーム

環境覇権 欧州発、激化するパワーゲーム

竹内康雄
2,970円(03/03 02:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
60分でわかる! カーボンニュートラル 超入門 60分でわかる!シリーズ

60分でわかる! カーボンニュートラル 超入門 60分でわかる!シリーズ

前田 雄大
1,186円(03/03 02:44時点)
発売日: 2021/12/17
Amazonの情報を掲載しています
カーボンニュートラル (日経文庫)

カーボンニュートラル (日経文庫)

990円(03/03 02:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

アメブロも書いてます。

https://ameblo.jp/atimot-e/

 

そしてアメブロの内容はこちらに移行します。

https://www.oubeikibun.com/

で、DIYがメインのサイトや・・

https://www.abeo-koubou.com/

 

わんこのサイトもあります。

https://www.shihtzufan.com

 

noteも書いてます。

https://note.com/abeo_koubou

Follow me!

-プラグインカー, 海外自動車メーカーその他
-, , , , , , , ,

PAGE TOP