プラグインカー

中国の「BEVの墓場」、その正体は・・

 

ル・ボラン(LE VOLANT) 2023年10月号 Vol.559 【電子版限定特典付き】 [雑誌]

ル・ボラン(LE VOLANT) 2023年10月号 Vol.559 【電子版限定特典付き】 [雑誌]

ル・ボラン編集部
1,200円(03/02 14:52時点)
発売日: 2023/08/25
Amazonの情報を掲載しています
ENGINE 2023年9・10月合併号 [雑誌]

ENGINE 2023年9・10月合併号 [雑誌]

ENGINE編集部
1,265円(03/02 14:52時点)
発売日: 2023/07/26
Amazonの情報を掲載しています

 

さて、世はBEVシフトとなっていますが、それに反対する勢力があるわけで。

日本の場合、その多くは某大手メーカー(元)社長を崇拝し、ハイブリットが最高といいつつ、

全固体電池がでればゲームチェンジャーになる!・・といった感じの方が多いように思います。

そしれそれらの人がよく言うのが「中国ではBEVの墓場がある」と。

 

 

これはもちろん、反対派が都合のよいように流している言い方の一つです。

 

この正体はなにか?

 

以前から割と明確に言われているんですが、これ、配車サービスとカーシェアサービスで使われていた車両なんですね。

そしてそれらの会社数社がこれらの車を配備したのちに倒産。

結果、行き場を失っているわけで。

 

まぁ、普通に考えれば一般の方の車がこのように放置されることはほぼないわけで。

そして置いている車種がNeta VとBAIC BJEV EC3がほとんどという点からも、それがよくわかるかと。

 

 

ここにアウディやテスラが多く転がっているなら話は変わるんですが、そもそも倒産した会社のものですから。

 

日本でいうと倒産した遊園地の中に遊具がたくさんある・・みたいなのを見て、遊具の墓場・・みたいに言うてるようなもんですよね。

 

 

これでBEVはダメだという人は根本的に社会構造をわかっていないと言いましょうか。

 

人生経験それなりにあれば、事業失敗した会社のそれらが処理されないまま放置・・なんて割とあるということを知っているわけですからね。

 

そしてその場所は土地が余っている中国での話。

より放置はありますよね。

 

新幹線を埋める国ですから。

 

ちなみにこれらの放置BEVは破損も多くあり、そもそも手入れの問題や再販自体が難しいのでは?・・と言われています。

 

そしてこれらの光景は中国6つの都市にあるらしいです。

 

 

そんなわけですが、この電気自動車のカーシェアの会社が倒産した話題は日本でも流れたんですけどね。

 

なんでそんな話になるのやら。

 

都合の良いように理解してしまうのもわからなくもないですが、ちょっとねぇ・・

 

 

本日はここまで。

 

 

 

 

アメブロも書いてます。

https://ameblo.jp/atimot-e/

 

そしてアメブロの内容はこちらに移行します。

https://www.oubeikibun.com/

で、DIYがメインのサイトや・・

https://www.abeo-koubou.com/

 

わんこのサイトもあります。

https://www.shihtzufan.com

 

noteも書いてます。

https://note.com/abeo_koubou

サイバーリンク PowerDVD

afinger6.jpgVAIO STOREN

Follow me!

-プラグインカー
-, ,

PAGE TOP