BMW プラグインカー

BMW、本国CFO 「BMWの売り上げ増加は主にBEVによるもの」と発言

ENGINE 2024年2・3月合併号 [雑誌]

ENGINE 2024年2・3月合併号 [雑誌]

ENGINE編集部
1,265円(03/03 03:23時点)
発売日: 2023/12/26
Amazonの情報を掲載しています
ル・ボラン(LE VOLANT) 2024年2月号 Vol.563 【電子版限定特典付き】 [雑誌] ル・ボラン (LE VOLANT)

ル・ボラン(LE VOLANT) 2024年2月号 Vol.563 【電子版限定特典付き】 [雑誌] ル・ボラン (LE VOLANT)

ル・ボラン編集部
1,400円(03/03 14:20時点)
発売日: 2023/12/26
Amazonの情報を掲載しています

 

みなさん こんにちわ。

世の流れは電気自動車です。

ただし、日本では内燃機押し国産メーカーが多く、

また電気自動車の導入も少ないので「そういう波」を輸入車からしか得れないので、

それの理解も偏っているなぁ・・と思ったりしています。

 

・・が、日本のそういう声が大きい反BEV派がいくら喚こうが、海外ではBEVが下がることなく増加中です。

つまり、日本以外で稼ぐ必要がある日本自動車メーカーは遅かれ早かれその流れに乗る必要があるわけで。

え?ではなぜ国産大手メーカーが異を唱えるのか?・・て??

 

そりゃ自分のところはその準備ができてなくて、なんならしばらくその大きな流れはこない・・と思ってたからですよ。

それについては過去の記事で書いてますので見てください。

 

そんな感じですが、本日の話題はBMWの話。

 

BMWが本社工場を電気自動車専用にすると発表したのは少し前のこと。

エンジン全廃は言ってませんが、先進国等の該当地域ではゼロエミッション化を目指しているのがBMWです。

 

そのBMWのCFO、つまり偉い方がこのようなコメントを発してます。

「内燃機関は”転換点”を過ぎている。BMWの売上増加は主に電動によるものだ」

・・と。

 

昨年のBMWの総売上高に占めるEVの割合は15%だったんですが、

2026年までにシェアを33%にすることをBMWは目標としています。

 

つまり、その増加の流れが形成できている・・ということなんでしょう。

 

日本、東京ではBMWのiX3やi4を見る機会が増えていますが、

そうなると海外ではもっと明確に増えたと感じる台数になっているんでしょうね。

 

「燃焼自動車の現在の販売高止まりは継続し、その後わずかに減少するだろう」とCFOは予測。

そしてBEV「ノイエ・クラッセ」を大規模に販売すれば、電池コストの低下とキロワット時当たりの効率の向上により「少なくとも同程度の利益が得られる」だろうと述べています。

 

これは5年以内に流れができると思われますが、やはり2027年以降が「電気自動車の流れが確実になる年」になるということなんでしょうね。

 

ということで、本日はここまで。

 

 

 

NEW MINI STYLE MAGAZINE 2023年3月号 Vol.76

NEW MINI STYLE MAGAZINE 2023年3月号 Vol.76

マガジンボックス
600円(03/03 05:56時点)
発売日: 2023/03/13
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

 

 

アメブロも書いてます。

https://ameblo.jp/atimot-e/

 

そしてアメブロの内容はこちらに移行します。

https://www.oubeikibun.com/

で、DIYがメインのサイトや・・

https://www.abeo-koubou.com/

 

わんこのサイトもあります。

https://www.shihtzufan.com

 

noteも書いてます。

https://note.com/abeo_koubou

サイバーリンク PowerDVD

afinger6.jpgVAIO STORENIKW

Follow me!

-BMW, プラグインカー
-, ,

PAGE TOP